雨の日の過ごし方【琥珀糖作り】

日記

雨の日で外に出られないし…テレビ見すぎだし…ごっこ遊びはもう限界…!(↑ぜんぶ私)

そんな時は、

シャリシャリキラキラな砂糖菓子・和菓子 手作り琥珀糖
シャリキラでテンションアゲ↑↑↑

絵の具感覚で色付けと型抜きが楽しめる、

琥珀糖作り

なんていかがでしょう?

琥珀糖の作り方はとってもかんたん!

細かい分量はググっていただくとして、ざっくり言うと、

  1. 砂糖を溶かした寒天液を作る
  2. 煮詰める
  3. 色付け、固まったら型抜き
  4. 乾燥させる

それだけ。

超、簡単ですね!

表面の色付けに使うのは、

  • 100均で買った食紅
  • かき氷用シロップ

寒天液自体に以下のようなものを使って、寒天自体に色と味をつけるのも◎。

  • 紅茶やコーヒー、抹茶
  • かき氷用シロップ
  • キャラメルやさくらなどのフレーバーシロップ

家庭での琥珀糖作りはコスパが良い

日本の食の芸術、和菓子に対して、

“コスパ良い”

なんて、なんとも無礼な表現ですが、褒め言葉です。だって、

  • 砂糖と寒天と水だけで作れる
  • 遊び感覚で色付けと型抜き
  • 美味しい

に加えて、

  • 色と色が混ざって違う色に変わる様を学べる
  • 下手っぴでも芸術っぽく仕上がるので達成感得られる
  • 色付けと型抜きでそれなりに時間がつぶせる
  • 一日ごとに表情が変わるので、乾燥する間もワクワクする
  • プレゼントすると喜ばれる

こんなに良い事がたくさん!

しかも、材料が寒天・砂糖だけなので、よっぽどおかしな味を混ぜなければ、失敗は基本無し。(煮詰めがあまくてゆるかった場合は、ちょっと硬めのゼリーだと思えば…。)

我が家は湿度が高いのと、キッチンの奥に置いていたからか、全断面が乾燥し切るまでに10日ほどかかりましたが、毎日、

「見せて!わぁ、きれーい!」「もう食べられる?!1個食べていい?」

と、乾燥し切るまでに1/3くらいなくなりました。

雨の日の過ごし方に悩んでいたら、是非やってみてください!

タイトルとURLをコピーしました